SPI2の検査結果から能力や性格を判断して適材適所を実現する

総合適性検査SPI2は主に企業の採用活動を支援するために開発されたものですが、 そこで得られた個人の情報は様々な場面で活用することができます。

SPI2は受検者の資質を総合的に測定します。新入社員の配属は職務、職場の特性と個人の資質が合うかどうかが決め手になります。

SPI2で測定された個人の資質と職務・職場の特性を組み合わせて配属を決定することにより適材適所を実現します。

また昇進、昇格の場面では「今までの職場でどれだけ力を発揮してきたか」「今後にどれだけの期待ができるか」という2つの観点から個人を評価します。

この評価はとても難しく、本人や職場に大きな影響を与えるもので慎重な判断が必要となります。 直属の上長の評価を中心にSPI2や他の評価手法とあわせて判断することで、より効果的な昇進、昇格の人選を行うことができます。

また資質的な特性を測定するSPI2は、配置転換や組織改変のために過去の業績から将来の成功度が測れない場合などに特に有効です。

昇進、昇格の人選でSPI2の検査結果を生かすためには、個人結果をもとに一人一人の能力面、 性格面の特徴を総合的にとらえて人事評価の参考とします。

深く人物理解をすることは採用選考、配属にも共通して正しい評価に欠くことのできない重要な過程です。

あらゆる人事決定において共通していえることがあります。
それは、人事評価や直属上長の評価をもとに社内や部門間の調整を行うことが大事なことだということです。 そうすることで、個人の過去の実績や職場内でのバランスを踏まえた、納得がいくような優れた人事ができるのです。

SPI2の検査結果はその有効な個人情報として活用することができます。

このページの先頭へ