職業適性検査は1970年以降盛んに実施されるようになる

今では、適性検査は普通に行われるようになりました。とくに新卒採用の職業適性検査はすっかり定着しています。

その歴史はどのようなものなのでしょうか。

筆記試験は人材の選抜を目的として行われたものとしては、中国の官吏選抜試験である科挙が最も古いのではないでしょうか。

また欧米では20世紀初めに科学的な手法を用いて、人物を測定する検査が開発されていました。そのころ日本でも心理学を根底においた職業適性や職業興味を測る検査が開発され知能検査とともに普及し始めました。

民間企業で実施されるようになったのは1970年以降のことです。時代は学歴偏重主義への批判の高まりやバブルの崩壊などで激変し、企業は生き残るためにより有能な新卒学生を求めました。

そういった企業の需要に応えるため、潜在能力を測る様々な適性検査が開発され、現在に至るまでに内容やサービスが多様化してきました。

現在では適性検査は新卒学生の採用選考での実施が最も多くなっています。

近年ではWEB上での公募が定着し、応募学生数も増加しました。

選考業務の負荷を軽減するためにも適性検査は有効な手段であり今日まで発展したものと考えられます。

かつては適性検査といえば筆記形式ばかりでしたが、現在ではWEBテストと呼ばれるインターネット上で検査を受ける方法があり大手企業を中心に広く実施されています。

WEBテストは自宅のパソコンで受検するケースと、会場に設置したパソコンで受検するケースがありますが、企業側には効率のよい方法で今後も増えていくものと思われます。

このページの先頭へ