R-CAPは受検者が結果を読み将来を考えることが目的です

高校生が進路を決める時、まず就職か進学かを決めますよね。

そして就職を選択したならどういった仕事に就くか、また進学する場合にはどの分野が向いているかを考える必要があります。

進路の情報を収集し、自分がどういう職業に就きたいか?自己分析をしながら検討していきます。

このときには客観的に自分を判断することも不可欠であり、その方法の一つに適性検査があります。

適性検査は学校の就職指導でも利用されており、今では高校生向けの就職サイトなどで自由に受検することもできます。

R-CAP for teensも高校生向けに開発された適性検査の一つです。
ビジネスマンや大学院生などを対象にした膨大な数の調査データから、受検者と職業、学問との適性を科学的に分析するもので、進路を考える際にいろいろな目的で活用されています。

このR‐CAPは受検者が自ら結果を読んで将来について考えることを目的にしています。

進学する学部や学科を決める時には、検査結果や仕事、学問に関する情報から仕事や学問への理解を深め、将来どういう職業に就きたいのか、その職業に就くためには何を学べばよいかを知ることによって学部学科を選択することができます。

また大学進学のために文系、理系を考える時、R‐CAPの分析によって科目の得意不得意だけでなく、自分の本来の興味や志向と適合する学問を知ることができます。

就職や専門学校へ進学するために「やりたい仕事」を考える場合にも自分の潜在的な資質と適合する職業を知ることができ、それまで考えていなかった職業などに視野を広げて検討するきっかけができ、自分の将来の可能性が拡がります。

このようにR‐CAPは生徒が自分を知り、多くの可能性を考えるきっかけをあたえる適性検査だといえます。

このページの先頭へ