GATBは5つの紙筆検査と2つの器具検査があります

職業適性検査の代表的なものの一つにアメリカ労働省が開発した
GATB(General Aptitude test Battery)があります。

日本の労働省編一般職業適性検査はGATBを原案としております。 その後40年余にわたり研究、改訂が重ねられ現在の形になりました。

この検査は一人一人の異なる能力とその職業との適合性を 客観的に測定することができるのです。

そういうことで今では採用や配属ばかりでなく、教育訓練や能力開発、 配置転換など様々なシーンで広く活用されています。

GATBは多様な用途に対応することができるので、 検査の適用可能性年齢は15歳から45歳と幅広い設定となっています。

また、職務の適性基準の作成要領を示してあるため、 職務内容が急に変わった場合でも適性基準の作成や見直しを 会社が独自に行うことができます。

そして職務別適性能力基準表で職務の適性基準を作成したり、 学生が適職を検討する際の参考資料にすることができます。

この適性検査は5つの紙筆検査と2つの器具検査があります。
【紙筆検査】
G.知的能力 
V.言語能力 
N.数理能力 
Q.初期的知覚 
S.空間判断力 

【器具検査】
P.形態知覚 
K.運動共応 

以上の検査の組み合わせによって、 作業を遂行するのに必要な7種類の適性能力を測定します。

検査は「T版」「S版」という2種類があります。

【T版で測定できる適性能力】
 「知的、言語、数理、書記、空間、形態、供応」

【S版で測定できる適性能力】
 「知的、言語、数理、書記」

検査を実施する会社の目的に応じて「T版」「S版」のどちらかを選択します。

このページの先頭へ